岩本恵里 official web site いわえりNOTE

涙を笑顔に変えるシンガーソングライター 岩本恵里のオフィシャルウェブサイトです。

おっかちゃんから聞いた素敵なお話。

おっかちゃんから聞いた素敵なお話。

今日は、来年1月に出演オファーを下さった方々との打ち合わせに行ってまいりました。

打ち合わせの中で雑談も多かったのですが、結構こういう雑談の中に生きていくのに大切な話って隠れているんですよね。

このオファーを下さったのが商工団体さんなので、本日お会いした方々は皆さん商人。
商人って言っても小売とか飲食店とだけじゃなくて、個人経営をされている方は皆さん商人です。

商人は孤独なモンです。
大きな組織にくっついているわけではないので。
不安だって付きまとう。
それでも商工団体に所属して、仲間を作って、励まし合いながら頑張っていらっしゃいます。

この商工団体さんは全国に支部がありまして、私の楽曲『商人魂(あきんどソウル)』のモデルになったおっかちゃんも、この団体の東北の支部に所属されている方です。

東北の震災があった時に、みなさんこぞって東北に行かれました。ボランティアで。
私は行けませんでしたけど。
その中にこの商工団体の愛知の支部のおっかちゃん達もいらっしゃいました。

その時のお話を、今日、私の2倍生きているおっかちゃんからお聞きしました。
素敵なお話はココから。

愛知のおっかちゃん達は、使っていないミシンをたくさん持って行ったそうです。
たくさんたくさん、すぐに使える状態に整備して。
そして、家にある布もたくさん持って行ったそうです。

「なぜミシン?」と思いましたが、こういうお話でした。

「仕事なくなっちゃったでしょ。
 とにかくコレで何か作って!
 作った物は私たちが売るから。
 そのお金を送るから。
 まずは仕事してお金を得ないと!」

「さすがおっかちゃん達!」と思いました。
被災して大変な時に、お金でも物資でもなく(もちろんそれもあった筈ですが)仕事を持って行っちゃうんですから!

おっかちゃん達は本当に強い。
つくづく思ってきたけれど、今日は打ちのめされました(笑)

「『人』という字はね…」なんて話をされるよりもグッと来ましたね。
本当に人と人は支え合って生きているんだなってコトを教えて頂きました。

 
私今年の春先まで、とにかく自分の歌を聴いてほしかったんです。より多くの人に。
聴いてもらって良いと思ってもらって広めてほしいと思っていたんです。

でも結局その思いっていうのは、「支えてほしい」っていう気持ちだったんですよ。
一方的な思い。

今でも自分の歌は聴いてほしいと思いますが、気持ちが随分変わりました。

元々歌い始めた想いっていうのが承認欲求の塊でしたからね(苦笑)
そう思うのは当然だったかもしれないです。

孤独を支えてほしかった。
でもソロでステージ活動を続けるだなんて、めっちゃくちゃ孤独なままでした。
オファーを頂けると「支えてもらえている」と安堵を感じました。

春から色々ありまして、今、やっと孤独じゃないって思えるようになったんです。
孤独じゃないけど依存もしない。
依存が無いから自分の思う方向へ進んでいく。
でもおかしな方へ進んでいたら「ソレちょっとおかしいでしょ」と教えてもらえる。
依存が無いから自分で道を拓いていかなくてはならない。
でも困った時には相談ができる。

まだ、支えてもらっている方が大きいと思いますが、寄りかかるような気持ちは皆無です。
今から少しずつ、私も支えていける側の人間になっていきます。

今回頂いたオファー。
本当に嬉しいです。
でももう安堵ではないです。

当日、皆さんと一緒に楽しめるような企画も生まれました♪
本番が楽しみです♪

»