岩本恵里 official web site いわえりNOTE

涙を笑顔に変えるシンガーソングライター 岩本恵里のオフィシャルウェブサイトです。

大好きなおばあちゃん。

2/14。
世間はバレンタインデー。
私は音楽関係ないお仕事をいくつか済ませる予定でした。

なのにちょっとばかり予定の進み具合が遅く、既に出発しているはずだった時間に家でお昼をもぐもぐ。
ツイッターを眺めながら。

すると親から電話。

施設に入所しているおばあちゃんが救急搬送されたとのこと。
親は泣きながら「急いで病院に行って!恵里だけでも先に行って!」と。

急いで向かいました。
苦しいながらも返事のできるおばあちゃんの姿を頭に描きながら。

病院に着き、おばあちゃんに会う前に、救急で担当してくださったお医者さんからお話がありました。
救急車の中で急激に酸素量低下、心配停止、瞳孔も開き、病院到着後に処置をして脈拍は戻ったものの自発呼吸は戻っていません。との事。

そして面会。
もう動かないおばあちゃんがいました。
酸素は手動で送り続けてくださっていました。
「もう意識は無いんですか?」との問いに「そうですね…。無いと思います。」との答え。
親が到着するまでのもう少しの間、そのまま酸素は送り続けてください。とお願いしました。

親が到着し、元々親もおばあちゃん本人も延命措置は希望していなかったので、酸素を送るのももうやめてもらいました。
自然と心臓が止まるのをただ待ち、お昼過ぎにおばあちゃんは亡くなりました。

86歳。
とても上品なおばあちゃんでした。

シングルマザーで頑張り屋。
いつも私たち孫や私の娘たちひ孫を気にしてくれ、優しくて、大好きなおばあちゃんでした。

お通夜は翌日。葬儀は翌々日。
亡くなってから2日と数時間の間、私たちはおばあちゃんと一緒に居ました。(私は娘の事もあるので時々帰っていましたが。)

やっぱり、棺にお花を入れる時が一番悲しかった。

火葬後は、もうこの世に身体が無いことはわかっていつつも亡くなったような気がしない。今もそんな日々を過ごしています。

講師の仕事のおかげで常にレッスンについての考え事をしているため、ずっとおばあちゃんのことばかりを考えていることは無いのですが、ふとした時に思い出しウルッときます。

でも思い出すのは、元気だった頃のおばあちゃんです。
持病の間質性肺炎が悪化してからの苦しそうなおばあちゃんも、亡くなった時のおばあちゃんも思い出せるけど、ふと思い出すのは笑っているおばあちゃんです。

おばあちゃんの死を通して思ったのは、生きるって、そういうことなんだな。ってコト。

こうやって、後世に何かを残してゆく。
それは子孫でも技でも知識でも気付きでも何でも良くて。
そしてそれは残そうとして残せるものではないのね。
その人の生き様が全て。
胸を張って自分らしく生きていられたら、必ず何かが後世に残ってゆくんだな、って思いました。

おばあちゃんは、私には子孫と気付きと名前を残してくれました。
娘たちには子孫と気付きを残してくれました。

娘たちも、今回『死』というものを目の当たりにして、いろいろと思うことがあったみたいです。
その気付きをもって生きていってもらえたらなぁなんて思いますが、まだまだそこまでは難しいかな。

身体は与り物。ってよく言いますよね。
与り物を天に返したら、物体としてはこの世に無くなるけど、その人の心は、残った人たちの心の中で生き続けている。
そんなふうに感じています。

本当に大好きだったおばあちゃん。
悲しいというより「闘病も本当に頑張って、お疲れ様でした。」という思いです。あと「ありがとう」。

おばあちゃんは、救急搬送される直前まで施設のスタッフさんと話ができていたようです。
救急車に乗った途端、酸素量が一気に低下し、意識不明になったようです。
だから、呼吸が止まる苦しさを感じなかったと思います。とのことでした。

実際に苦しかったかどうかは知るすべがありませんが、おばあちゃんはこの後もう自分がどうなるかをわかっていたかもしれないですね。
救急車に乗るが乗るまで頑張った。本当に頑張り屋のおばあちゃんでした。

朝やお昼に亡くなる方は、いい人が多い。
そう施設の方が教えてくれました。

あばあちゃんは最後の最後までいろんなことを教えてくれました。
「ありがとう」しか無いです。

年頭所感!

明けまして2日目。おめでとうございます!

家族がいるものですからお正月らしいおせちやらお雑煮やらありますけど、これがもし私1人なら、ローソンストア100に売っている少量の伊達巻となますと栗きんとんを買って、お雑煮も1日だけ食べてオシマイな気がします。

元旦から嬉しい事があって(ホントにホントに些細な事なんだけど)、今年の出だしは順調順調♪
初夢もほとんど覚えていないものの、一瞬だけ思い出した場面にニンマリ(-∀-)

今年は、去年より絶対にイイ年です!
なぜなら、去年得た知識によってもう一段階上れるからです。

去年は良いコトも良くないコトもたくさん学びました。
そして悪い芽は、年末に全て摘み取ってから新年を迎えることができました。

でも学んでおしまい、じゃダメです。
知識を得ただけでは何も変わりません。

できるコトは増えたものの、まだまだできないコトのほうが多い。
悔しいですよ。
私よりデキる人はいっぱいいる。
それを越さない限り仕事は入らない。
文句も言い訳も受け付けられません。だから自分が頑張るしかないんです。だから頑張ります。

できていないコトって、自分では目を逸らしがち。
だからソレを教えてもらえるって、とても有り難いコト。

ソレを克服するための方法さえも教えてもらえているのだから、あとは自分の頑張り次第なわけです。
だから頑張ります。

他にも、こうしていきたいっていう目標がどんどん生まれているので、どれだけ近づけるかですね。

あ、いろんなジャンルの音楽の生演奏にいっぱい触れたいな…。
それも目標リストに入れよかな。

昨年出会ったたくさんの大切な人たちを大切にしながら、新しいコミュニティにも飛び込んでいきます!
でも帰れるコミュニティがあるっていうのは幸せですね。
音楽…だけに限らずフリーランスっていう人たちの多くは、基本的に孤独作業ですからね。
いつも一人で頑張って、ふと一息ついて顔を上げた時、周りに大切な人たちの存在があるっていうのが心強いじゃないですか。

そんな現状を大事にしつつ、一歩一歩前進していきます!

2017年。

今年は本当に大きな変化の年でした。

今年は、ことあるごとに振り返ってきたけど、1ヶ月ごとに何かしら変化のある、そんな1年だった気がします。

感謝の再会から始まったたくさんの出会いと再会。
出会う人皆素敵な人ばかりで、たくさんの幸せなご縁が頂けました。

音楽に対する想いというか気持ちというか考えというか。
そんなのまで変化があり。
その変化は決してマイナスの方向へではなく、プラスでプラスでプラスでしかなくて!

音楽面だけでなく、プライベートでも大きな変化がありすぎて途中なか死にかけていたけど、この年末に来て一気に頭の中のスイッチがパッ!と切り替わり、更にサッ!と雲が切れ、そこそこ脳内快適生活を送っております。

望むもの全てが手に入るわけなんかない。
それは何においても。
強く望めば望むほど遠ざかることも多い。

それでも頑として望み続けていました。私。
だから苦しかったんです。音楽もプライベートも。

でも、考え方を変えたらラクになりました。
変えられるまでが大変だったけど、1回変えることができればこっちのもの!

あぁでも、迷惑をかけてしまった人にきちんと謝れていなかった。
考え方がしっかり変わった事、きちんと伝えられていなかった。
言い出しづらくて。
私、大事なことほど切り出すのが苦手。

年は跨いでしまうけど、ずっと会うことのできない人ではないから、会ったらまたきちんとお話ししなくちゃね。

去年の今頃の自分では想像していなかった自分がいる。
今年生まれた夢や目標の1つ1つが身体の中でウズウズしている。

どんな夢も目標も、願えば叶うというわけではない。
努力したって、叶わないことだってある。
だからと言って諦めたら全てそこ止まり。
少しずつ少しずつ進む方向を調整しながら夢や目標に近づきたい。

来年も変化の年でしょう。
今年まいた種が発芽するようなことをしていきます!
そしてまだまだ種まきもしますから!

ひとまず、今年1年ありがとうございました。
こんな私を今年も応援してくださって本当にありがとうございました!!

《後日追記》
忘年会記事を載せ損ねていたので写真だけでも♪

おっかちゃんから聞いた素敵なお話。

今日は、来年1月に出演オファーを下さった方々との打ち合わせに行ってまいりました。

打ち合わせの中で雑談も多かったのですが、結構こういう雑談の中に生きていくのに大切な話って隠れているんですよね。

このオファーを下さったのが商工団体さんなので、本日お会いした方々は皆さん商人。
商人って言っても小売とか飲食店とだけじゃなくて、個人経営をされている方は皆さん商人です。

商人は孤独なモンです。
大きな組織にくっついているわけではないので。
不安だって付きまとう。
それでも商工団体に所属して、仲間を作って、励まし合いながら頑張っていらっしゃいます。

この商工団体さんは全国に支部がありまして、私の楽曲『商人魂(あきんどソウル)』のモデルになったおっかちゃんも、この団体の東北の支部に所属されている方です。

東北の震災があった時に、みなさんこぞって東北に行かれました。ボランティアで。
私は行けませんでしたけど。
その中にこの商工団体の愛知の支部のおっかちゃん達もいらっしゃいました。

その時のお話を、今日、私の2倍生きているおっかちゃんからお聞きしました。
素敵なお話はココから。

愛知のおっかちゃん達は、使っていないミシンをたくさん持って行ったそうです。
たくさんたくさん、すぐに使える状態に整備して。
そして、家にある布もたくさん持って行ったそうです。

「なぜミシン?」と思いましたが、こういうお話でした。

「仕事なくなっちゃったでしょ。
 とにかくコレで何か作って!
 作った物は私たちが売るから。
 そのお金を送るから。
 まずは仕事してお金を得ないと!」

「さすがおっかちゃん達!」と思いました。
被災して大変な時に、お金でも物資でもなく(もちろんそれもあった筈ですが)仕事を持って行っちゃうんですから!

おっかちゃん達は本当に強い。
つくづく思ってきたけれど、今日は打ちのめされました(笑)

「『人』という字はね…」なんて話をされるよりもグッと来ましたね。
本当に人と人は支え合って生きているんだなってコトを教えて頂きました。

 
私今年の春先まで、とにかく自分の歌を聴いてほしかったんです。より多くの人に。
聴いてもらって良いと思ってもらって広めてほしいと思っていたんです。

でも結局その思いっていうのは、「支えてほしい」っていう気持ちだったんですよ。
一方的な思い。

今でも自分の歌は聴いてほしいと思いますが、気持ちが随分変わりました。

元々歌い始めた想いっていうのが承認欲求の塊でしたからね(苦笑)
そう思うのは当然だったかもしれないです。

孤独を支えてほしかった。
でもソロでステージ活動を続けるだなんて、めっちゃくちゃ孤独なままでした。
オファーを頂けると「支えてもらえている」と安堵を感じました。

春から色々ありまして、今、やっと孤独じゃないって思えるようになったんです。
孤独じゃないけど依存もしない。
依存が無いから自分の思う方向へ進んでいく。
でもおかしな方へ進んでいたら「ソレちょっとおかしいでしょ」と教えてもらえる。
依存が無いから自分で道を拓いていかなくてはならない。
でも困った時には相談ができる。

まだ、支えてもらっている方が大きいと思いますが、寄りかかるような気持ちは皆無です。
今から少しずつ、私も支えていける側の人間になっていきます。

今回頂いたオファー。
本当に嬉しいです。
でももう安堵ではないです。

当日、皆さんと一緒に楽しめるような企画も生まれました♪
本番が楽しみです♪

贈り物。

先日のお祭りで、遠方から足を運んでくださった方から、なんと、手作り貯金箱を頂いちゃいていましたのよ♪

「子どもの工作みたいになっちゃった~(泣)」っておっしゃっていましたけど、いや、もう、心から嬉しいですよ!!

だってね。

「アクセサリーがいいかな?」とか「いや、あまり普段つけていないから迷惑かな?」とか、そうやっていろんなこと考えて悩んで決めて作ってくださったのですよ。嬉しくないわけないじゃないですか!

心から感謝して、ちゃんっと使わせていただきます!

それに結構コレ大きいんです。
大きめの桃の缶詰の缶より大きいと思います。
500円玉で貯めたらかなりの額ですよ、奥さん!

 
贈り物。

本当に私もいつも悩む。贈ろうか贈るまいか、そこから悩む。

贈ると決めたなら、受け渡すだけの一瞬の時間だけでも楽しさをシェアしたい。
それで笑ってもらえたら心から嬉しい。
困った顔をされたら胸が潰れるほど悲しい。

渡した時の相手の笑顔と困り顔、どちらも頭に浮かべながら何を贈ろうか考える。

あまり気持ちの重すぎない物を。
自然と無くなってしまっても問題のない物を。
食べ物なら、冷たい物は冷たく。温かい物は温かく。
できるだけかさばらない物を。
後処理の困らない物を。

などなど色々考えてしまいます。

考えてしまうくせに、先日実行した贈り物は非常にやりすぎた感いっぱいで反省しました(汗)

今回私が久しぶりに受け取る側に立って思ったのは、やっぱりそういう『心』が嬉しいんだよなーってコト。

とは言え、コレは各人の価値観によるものだと思うので、「きっとあの人も贈り物をもらったら嬉しいに違いない!」なんていう驕りは禁物ですね。
まぁそんな風に思えと言われても思えないですけどね。私ビビりだから(笑)