岩本恵里 official web site いわえりNOTE

涙を笑顔に変えるシンガーソングライター 岩本恵里のオフィシャルウェブサイトです。

歯が…。

歯が変だ、引っかかる…ってのもあって、歯医者さんへやっと行けました。(仕事ばっかで、1ヶ月以上、行きたくても行けない状態でした。)

そしたら虫歯で…(◎o◎)しかも深くて…(」゜□゜)」麻酔かけて削られました…orz
神経ギリギリのところまで削ったそうで…あぁ…。
11時ぐらいに麻酔かけられて、やっと切れてきました。
一日中感覚がなくて、変な感じでした(・◇・)

いろいろ。

100524_2310~01.jpg

鶴を折っています。
木曜日に、次女のクラスの子が交通事故に遭い、一時意識不明にまで至ってしまったのです。
意識は少し戻ったという話なのですが、まだまだケガと闘っているのです。
子供達だけでなく、家庭にも呼びかけて千羽鶴を作ることになり、今日は夕方から10羽折っています。
こんなに鶴を折ったのは久しぶり。
何より、その子の回復を祈るばかりです。

写真は、月曜日に、長女と次女が学校の放課後学級で作ってきたフラワーアレンジメント。これ、買ったら高そ〜!
なかなか上手に作れています♪

月曜夜、火曜朝と、三女の歯が初めて抜けました。
まだまだおチビちゃんだと思っている三女も、大きくなってきているようです。

三女の親子遠足でくたびれてしまったいわえりでした。

雑談。

そういえば。
ミキシングの時に、プロデューサーに「新しい音楽製作ソフト(プロデューサーが使っているのと同じモノ)を買ったんです。」ってお話ししたら好反応が返ってきて(物静かな方なので、ノリノリの返答とかじゃあないんですが)、作業中ところどころで、どう使ったらいいかとか教えてくれたんです♪
偉ぶる素振りもなく、義務感なんてものもなく、めんどくさいなんて様子は全くなく、ただ自分の知識を、私の役に立てばと。
そういうのって、いいなって思いました。
学校でも職場でも、先輩が後輩に物事を教える時って、どこか目線が対等でないことって多くありませんか?同等の立場同士で教え合う時でさえ、教える側の目線がたいてい上。相手の役に立てばいいからっていう理由だけで何かを教えることって少ないんじゃないかな?相手に感謝を求めている自分がいたり、教えている自分に酔っていたり。
今回の場合、ただ単にプロデューサーが物静かな方だから、目線が上という雰囲気にならなかっただけかもしれないけど、なんだかいいもの見せてもらいました!(^_^)って思いました♪

また一歩。

100521_1326~01.jpg

昨日はミキシングの作業に立ち会うために事務所まで行ってきました。
段々と作品という形に近づいてきているな…って感じられて、嬉しかったです。
もしかしたら発売は8月になってしまうかもしれないけど、その時は、またお知らせします。

写真は、事務所の社員さんが、お知り合いの方に箱でもらったらしい新製品の見本(もちろん中身入り)で、1つもらっちゃいました♪
バーコード部分が見本って書いてある〜。

発想の転換。

GWは良い天気続きで、我が家は1・3・4日に、映画を含めてお出かけしました。いずれも近場でしたが、お出かけは非日常で楽しいものです☆

そして今日は、待ちに待ったワークショップに行ってきました~♪

その前に。
その会場へ地下鉄で向かっていたのですが、私が乗った次の駅で、毎日のように(かれこれ6年ぐらい)顔は合わせているお知り合いの方が偶然横に座られました。
正直、ここ2~3年は、話す度にぶつかり合ってしまうほどで、ちょっと苦手かもしれないな・・・って思っていた方なのですが、さすが人生の先輩、良い言葉をくださいました。
近頃、心の負担になることが多くて、そんなことも話していたら、その負担を楽しむのもいいよねって話してくれました。
どんな場合にでも当てはまるわけではないかもしれないけれど、「それをどう乗り越えるか試行錯誤すること自体を楽しむ・・・」というようなニュアンスです。客観視する・・・みたいなものかな?
それが簡単にできれば苦労はしないけど、そんな捉え方もあるんだっていうことを、知らないと知っているとでは全然違う!
ほんの10分ぐらいだったけど、今日、話せてよかったなって思いました☆

そしてそしてワークショップ。
そんなに参加者が大人数ではないにしても、私だけみんなとうまく交流できないと、また淋しいな・・・なんて思っていたのですが、楽しい時間を過ごせました。
何が一番楽しかったかって、自分が思いついたことを(例え特に意味の無い言葉でも)、深く考えずパッと口に出して、それをどんな形でも誰かが必ず何らかの形で返してくれるっていうのが楽しかった。嬉しかった。
思えば昔は(特に学生の頃は)それが日常だったんだな・・・って、ちょっとヘンでもまぁいいかって本人も周りもそんな雰囲気で話していたり笑っていたりしてたんだな・・・って思い出しました。
笑顔も口に出す言葉もぎこちない私でも、楽しく参加できて良かったなって思えたワークショップでした。
間違いなく、私にプラスになりました!