岩本恵里 official web site いわえりNOTE

涙を笑顔に変えるシンガーソングライター 岩本恵里のオフィシャルウェブサイトです。

5/27 愛知県江南市アートスペースベルグさんでライブでした。& 環境を変えていく!

5/27、愛知県江南市のアートスペースベルグさんというお店でライブでした。
パン屋さん&カフェでもあって、パンとアールグレイが美味しかった〜♪

私はこの江南市に18〜21歳まで住んでおり、この土地で上2人の出産・育児をし、よく泣き、よく迷子になりました(笑)
江南は道がひん曲がってて、迷路の町なんですよ(笑)
この日のこちらのお店は、まだ江南市に入ったばかりの辺りにあるので迷いませんでしたが、これがもっと進んでいくと間違いなく迷子になると思います(笑)

ライブでは珍しくお喋り多めで30分4曲歌いました(^^)
18698252_1484772111598146_6547733625509165563_n

しかしながら、何かと考える点は多いもんですな。

 
自分の人生を変えるためには、決意を新たにするなんてことほど無意味なことは無いそうですね。(これも重要なことだとは思いますけどね。)
時間配分・住む場所・付き合う人の3つを変えることでしか人間は変わっていけないそうで。

「環境を変えるって言っても育児があるし変えられないよ」っていうのがこれまでの私でした。
まさに変われない人生のど真ん中。
できない言い訳なんていくらでも付けられる。(「言い訳っていいわけ!?」っていうどこかで目にしたフレーズが頭から離れない(笑))

何年か前から、付き合う人を少しずつ変えてきました。
自分にとって要らない人は切り捨てる。
逆に好かなかった人達に会いに行くようにしました。(なぜ好かなかったかといえば、私のできないことができている人達だったからというわけです。)
今もまだ続いている縁はあり、いろんなこと教わっています。
更に付き合う人を増やしたら、今度は考えていなかった点の助言も頂けるようになりました。

その中でも特に大事だと思ったのは、お金と時間のこと。
それまでも考えていなかったわけじゃないけど、ちょっと考え方が違っていました。

そのおかげで、日々の時間配分も変えることができてきました。
暮らしの時間と音楽の時間。
どちらも大事だからこそ時間を上手に使わないと、ただ無駄な時間だけが流れていってしまいますね。

そんな変化を感じていた中、先ほどの重要な3点を目にしました。

目からウロコでした。
住む場所!
でも確かにそうだな、と思いました。

海外へ学びを受けに行く人って結構いらっしゃいますが、私は「なんでわざわざ海外に?」と思っていました。
様々な理由はあるかと思いますが、その中でも『ちょっとやそっとじゃ逃げられない場所』に身を置く事の重要さをわかっているから、という理由も大きいのではないかと思いました。

そう考えると、住む場所を変える重要さ、ものすごく理解できました。

とは言っても私はお母ちゃん。
簡単に住む場所を変えるわけにはいきません。

でも、子ども達も大きくなってきて、私自身のために使える時間も増えてきたので、行動範囲を広げることが可能になってきました。

ならば。

近場だけで会いたい人に会うのではなく、もっと遠くへでも会いたい人に会いに行こうと決めました。
会って、学びたいことを学ぶんだ。
お金と時間をかけてわざわざ遠くへ学びに行くからには、学んだことを絶対に自分のモノにしないともったいなさすぎる!!

そんな良いプレッシャー。

というわけで、学ぶために東海地方を飛び出します♪

否定されないということ。肯定されるということ。

自分に自信のない部分。

いわゆるコンプレックスというものだと思いますが、その部分をつついてくる人って多いです。
(つついてくるって言うのは、指摘して否定してくるっていう意味合いです。)

悪気はないのかもしれません。
弱みがあからさまになっていてバレバレだからつつかれるのかもしれません。
でも、教えてあげて育ててあげよう、こんなことわざわざ言ってあげるのは自分くらいだ、とか思われている気もします。

それで、そうされるとそのコンプレックスってやつが更に強くなり、相当自信がなくなります。

反対に。
全然悪くないと言われると、ホッとして嬉しくなります。
否定しないであげよう、なんて気持ちが全く無い中でのそんな言葉は小さな自信の種になります。

なぜ悪くないのか、むしろ強みと思っていい正当な理由。
そんなものを付け加えられたら、自信の芽が出てきます。

精神障がいというフィールドでは、そういった『とにかく否定しない』ということが良い薬だということは広く知られていることです。

でもそうじゃない世界では。
やはり否定されることが多い。

そんなね、自分の良くないところなんて、自分が一番知っているよ。
なんでそれをあえて言うのかな。大概の人は。
叩いたら強くなるとか思ってんのかな。

そんな中で否定されないということ。肯定されるということ。
こんな涙が出るほど嬉しいことはありません。

否定しないでくれてありがとう、肯定してくれてありがとう、という感謝の気持ちは信頼に値します。
信頼している人からは、注意を受けてもお叱りを受けても、素直に受け入れられて改善しようと努められます。

自然に正当に肯定できる人。

すごいね。
そういう人に私もなりたい。

形になってきましたよ♪

前回のブログの翌日に、ジャケットなどのデータが全て消えてしまったのですよ(ToT)
幸い、まだ作り始めたばかりの段階だったので、消える前よりも綺麗に作り直すことができました。
気をつけてバックアップは取っていたのですが、うっかりしていると、そのうっかりした部分で痛い目に遭ってしまいますね。ホント、気をつけなくては。

さて、そんな事故も乗り越えて、だいぶ形になってきましたよ♪
試作品を作りました。
IMG_20170507_174726 IMG_20170507_174752 IMG_20170511_131713
【歌詞カードとキャップ(帯)ですね】

これにイラスト等を配置すれば完成☆
楽しみですね~♪

曲のほうも、3曲完成しました!

なんと言いますかね、私が作った頼りない詞と曲が、綺麗にお化粧をしてもらい、素敵な服を着せてもらい、素晴らしい晴れ舞台に立つようなそんな感覚を噛み締めております(T∧T)

今日もこの後1曲レコーディングをして来ますヨ♪

頭の中の感覚。

昨日の夜で、アルバムに入れる楽曲すべてのピアノアレンジ案の制作が終わりました!!
超嬉しい!
でも考えているときもすごく楽しかったから、少し淋しい・・・。

なんて考えている暇はない。

次はジャケットや盤面のデザイン&データ作成なのですよ。

楽曲アレンジのように、自分で全くできないのであればこちらも人様に依頼するのですが、元DTPオペレーターのわたくし。
高校で印刷のお勉強をしていて、その流れで印刷会社に就職していましたの。

だから素人ではない。

人様にお金払って依頼するぐらいなら自分でやります。
節約、節約。

どちらの作業も同じパソコンに向かって進めているのですが・・・。

感覚が違うんです。
頭の中の感覚が。

作曲している時とかアレンジに触れている時とか、音の作業の時はいいんです。
頭の中に音楽が流れてくるでしょ、嫌でもずっと。
だから脳みそがウキウキしている感じなんです。頭蓋骨の中の髄液に脳みそが浮かんでいる感じ。
無題3
【こちらがDTM(パソコンで音楽を作る)作業画面】

でも、デザインやら印刷やらに関わる作業の時は正反対。
脳みそが頭蓋骨に張り付いているような感じで重たいんです。
無題 無題2
【こちらがDTP(パソコンで印刷物を作る)作業画面】

どちらも好きな作業なのに、なんなんでしょうね、この感覚の違い(*-*)

そうそう。
今回もまたジャケットにはイラストを採用しているのですが(これも自分にはできない作業なので人様に依頼!)、一部写真を使うことにしまして、昨日撮影をしてまいりました!
昨日はとっても良い天気で、イメージどおりの写真が撮れました♪
18199304_1449914855083872_2979688155309753344_n
【撮影後のオフショット(^m^)】

何はともあれ制作は着実に進んでおります☆
来週はレコーディングをどどどんと進めるのです♪♪

なぜ歌うのか。

フェイスブックでお友達になっていた方が、5/3の朝に亡くなられました。
お母様がそのことを投稿されていました。それで知ることができました。

その方は私と似た名前で、私と同じ双極性障害で、更に癌を患っておられました。
それでも明るく生きようとするその姿に心打たれ、お友達になっていました。

会った事はなかったけれど、悲しかったです。
私の知る範囲でも、彼女は双極性障害であるがためにたくさん辛い思いをして悲しい思いをして、それでもなお懸命に生きられました。
精神障害のことをわからない人には、彼女の言動が理解できなかったり自分勝手だと思ったりすることも少なくなかったのではないかと思います。
だから尚更悲しかったんです。

目には見えない精神障害。
決して怖いものじゃない。
みんな普通の感情を抱いていて、それが強くなるだけのこと。
悲しいも嬉しいも強くなるだけ。私はその強い強い普通の感情を歌にするだけ。
何を思っても何を考えても、みんな普通だよ、思いが強いか弱いか違うだけで、外れてなんかいないんだよって伝えたいだけ。

私が歌を作って歌っている理由って、これなんだなって思いました。

まだ大きなことを成し遂げられた身分でもない。
だから理由探しなんかしてもしょうがない。
そんな風に思ったこともありましたが、今回のことで、核にあるものが見えた気がしました。